メンズメイクはとりあえずこれ買っとけばOK!!個人的おすすめ商品【メンズコスメ】

みなさんこんにちは。

コスパライフ(@cospalife_blog)です。

男性のみなさんに伺いたいのですが、普段メンズメイク的なことはされているでしょうか。

はぁ?男なのに化粧?するわけないだろ。

「男なのに化粧とかするわけないだろ」と思っている皆さん。

気持ちはわかります。男が化粧とかキモイですよね。

でも、現代は男性も小奇麗にするため、軽いメンズメイクくらいは行う時代です。

もちろん、がっつりやる必要はありません。

個人的にも、あまりに凝りすぎたメンズメイクは若干引きます。

軽く。軽くで良いのです。

なおかつ、最低限で大丈夫です。時間は何分もかかりません。

今回は、今日からでも始められるメンズコスメアイテムを紹介します。

最低限なら千円ちょっとで始められるので是非お試しください。

なお、最後に紹介する商品がいくつかでてくるyoutubeの動画を貼り付けておきます。

参考にしてください。

とにかく面倒なら「フェイスパウダー」だけでOK

まず、最初に「とにかく面倒な人」へお伝えしたいです。

フェイスパウダーを買いましょう。

もうこれだけで大丈夫です。

以下の商品を買ってください。

created by Rinker
クリアラスト
¥3,250 (2024/04/14 17:15:18時点 Amazon調べ-詳細)

これを出かける前に顔にパフパフすればそれだけで大丈夫です。

肌の感じがマットできれいになります。

ムラが出ないようにだけ気を付けてください。顔につけ終わった後に手のひらで軽くなじませれば落ち着きます。

なお、パフパフするときには、以下のようなヘアバンドがあれば便利です。(一応リンク貼りましたが、ダイソーやセリアで100円で売ってます。以下のリンクは800円もするので買わないほうが無難です。)

フェイスパウダーをパフパフしたら鏡を見てみてください。

若干ですが、肌がきれいになったのではないでしょうか。

これで大丈夫です。

そわそわする気持ちを抑えて出かけてください。

そのほか下地を整えるもの

さて、最低限はフェイスパウダーだけで良いのですが、「もう少し投資しても大丈夫だよ」という人いるかと思います。

凝りすぎない範囲で商品を知りたい。

「あんまお金かけたくないから、適当に安いやつを教えてほしい」という人向けに商品をご紹介します。

正直、どこまでやるのかは個人の好みによる部分が大きいので、どこまでやるかはやりながら自分で判断してください。

何回も言いますが、フェイスパウダーで最低限のラインは満たせていると思うので必要以上に投資する必要はありません。

化粧水と乳液

化粧水と乳液です。

基本的に風呂上りにつけるものらしいですが、個人的に先にこれらをやっておくと、先ほどのフェイスパウダー含め、乗りが良いようなきがするのでやってます。

なくてもOKです。

やるときは「化粧水⇒乳液」の順でやってください。

値段がそこそこ張るので使いすぎないようにしましょう。

値段が安いほかの商品を適当に買って使ってOKですが、一応筆者が使っているものを以下に貼っておきます。

特にこだわりがあって使っているわけではありません。

BBクリーム

BBクリームです。

「BB」がどういう意味なのか知りませんが、肌の色を明るくする効果があるようです。

個人的に「意味があるのかわからんコスメNo.1」です。

なんとなく形式的につけています。

付け方は最後に紹介する動画を見てください。

コンシーラー

コンシーラーです。

顔の気になる部分を重点的に隠すのに使用します。

使い方は最後の動画を見てください。

筆者は鼻の付け根に少し黒ずみができる肌質のため、鼻回りでわりと使います。

先ほどのBBクリームよりは存在意義があると思います。

リップクリーム

リップクリームです。

年を重ねてくると唇の血色が悪く、縦ジワが多くなります。

年齢が出やすい部分なので、リップクリームを塗って自然な色にします。

個人的に、以下の商品がおすすめです。

リップクリームっぽくなくないので持ち運ぶのも抵抗がないですし、元々グレーな色なのに塗ると体温で自然な唇の赤色に代わります。

非常に使いやすい商品です。

最後に…

最後に、yourubeに短い時間でサクッと今回紹介した一部商品の使い方を説明した動画があったのでおいておきます。

出演している方がイケメンなので、ご自身と比べて自信を無くさないようにご注意ください。

やはり、何もしないのと少しでもメンズメイクを施すのとでは違いが出ますね。

やってみると、結構出かける際に自分に自信が持てるようにもなります。

ここまで読んでくださったみなさんは、メンズコスメに少なからず興味があると思うので、ぜひ試してみてくださいね。

では!