楽天モバイルが神プラン出してきた!結局コスパの良いプランはどれなのか

みなさんこんにちは。

知っている方もいるとは思いますが、楽天モバイルが衝撃のプランを出してきましたね。

こんなプラン出せるとか嘘やろ…

なんと1GB未満のデータ通信料であれば月々の利用料金がタダです!

つまり、RAKUTEN UN-LIMITで楽天モバイルを電話専用機にすれば、毎月無料で国内電話使い放題です。

ホントなの?と思いそうですが、楽天UN-LIMITのQ&A内にも「Rakuten Linkを利用した通話で消費するデータ量はない」ことが記載されており、無料で電話を使い放題であることが確定しています。(以下リンクご参照ください。)

https://network.mobile.rakuten.co.jp/faq/detail/00001291/

どんなに(国内)電話をしまくっても月々の維持費はタダ

なお、これまでの「2980円でデータ通信使い放題」は健在ですのでそのままメイン機として利用するのもありです。

詳しい料金プランは楽天UN-LIMITの公式HPを見てもらうとして、本記事では楽天モバイルの「無料で電話使い放題」を絡めたコスパの良い2プランの構成を書いていきます。(以下RAKUTEN UN-LIMITリンク)

https://network.mobile.rakuten.co.jp/?l-id=gnavi_logo

なお、細かい料金に関してのQ&Aは以下の動画が非常にわかりやすく解説してくれています。ぜひご覧ください。

目次

月々のデータ通信料をそんなに使わない人(~3GB)

まずはそんなにデータ通信料を使わない人(月々0~3GB程度)ですが、楽天モバイルを契約してください。

楽天モバイルは3GBまでの通信料金が月々980円(税抜)で他キャリアと比べても圧倒的に安いです。

なお、3月で新規契約受付が終了する「LINEモバイル」は月々500円で3GB通信できますが「電話」に関しては使用した分だけの料金がかかります。

そういった意味でも楽天モバイルがおすすめです。

データ通信料を意識する必要があるので注意。

ただ、一点注意です。

楽天モバイルは月々のデータ資料量が3GB以下のときにのみ980円となります。

うっかり使いすぎると値段が上がっちゃう。

うっかり3GB以上使用してしまうと、料金が上がってワンランク上の料金(1980円)になってしまうので意識しながら使いましょう。

そこそこデータ通信を使用する人(~20GB)

次にそこそこデータ通信料金を使用する人(~20GBくらい)です。

この人たちには選択肢が2つあります。

1個目は楽天モバイルです。

楽天モバイルは20GBまでの通信料が1980円(税抜)なのでほかのキャリアと比較しても一番安い部類に入ります。

加えて、国内電話が無料になるため、料金を抑えたい人にはかなり向いているプランでしょう。

月々20GBまでの通信プランなら最安価クラス

正直、データ通信料と電話を使いたい人でコスパを意識するなら楽天モバイル以外はありえないのではないでしょうか。

ホームページでは2021年夏までに回線の人口カバー率96%を謳っており、今後はつながりやすさもカバーされてくるはずです。

まさに敵なしですね。

さて、2個目は日本通信です。

日本通信の「合理的20GBプラン」が楽天モバイルに負けじとお得です。

https://www.nihontsushin.com/

楽天モバイルと同じく、「月々のデータ通信料が20GBで1980円」となっており、さらになんと月々の無料電話が70分ついてきます。

ただ、ここで「無料電話が70分なら通話無制限の楽天モバイルのがいいんじゃないの?」と思った人もいるでしょう。

データ通信料一緒なら電話無制限のプランのほうを1個契約しとけばいいじゃん。

データ通信料がいっしょなら普通に考えると楽天モバイルだけで良いですよね。

では、なぜ日本通信をオススメするのか。

それは、限りなく月々のスマホ利用料金を抑えられるからです。

楽天モバイルはデータ使用料金が20GBを超えてしまうと自動的に「2980円」のプランに移行してしまいます。

しかし、日本通信は通信制限がかかるだけで、1980円より高くなることはありません。

データ通信料を気にしながら使わなくてもいいので精神的にラク笑

「今月のデータ通信まだ大丈夫かな・・・」とビクビクしなくても、20GBを超えてしまうと通信制限がかかるだけなので心配ありません。

つまり、「1980円以上絶対に払いたくない」「データ通信の残りをいちいち気にかけるのが面倒くさい」という人は日本通信の「合理的20GB」プランにしましょう。

大量にデータ通信を使用する人(20GB~)

さて、最後にデータ通信を大量に利用する(20GB~)人です。

この人たちはもう楽天モバイルのみしか選択肢がないでしょう。

データ通信を無制限にできるプランを提案しているのは楽天モバイルだけです。

データ通信無制限は楽天モバイルだけ。

youtubeを見まくったり、自宅の固定回線に代わるネットインフラとしてテザリングで利用している場合は楽天モバイルしかないでしょう。

月々2980円で無制限にデータ通信できるのは本当にすごいですね。

筆者が選ぶのは2台持ち

さて、ここまで書いてきて筆者が思ったのは「2台持ちでいいんじゃないか」ということ。(もちろんDSDSでも良いですがとりあえずここは2台持ちで書きます。)

楽天モバイルが0円プランを持ち出してきたのでこの方法を検討することができるようになりました。

筆者がスマホの料金で求めるのは以下の条件です。

①電話は無制限が良い。仕事(テレワーク)で使うし。

③料金は抑えたい。

②データ通信はそこそこ使うから残りを気にしながら使うのは面倒。

この3つをなんとか満たせないかと考えた結果、以下のプラン構成で行こうかと思っています。

1台目:日本通信(合理的20GBプラン)
2台目:楽天モバイル(RAKUTEN UN-LIMIT)

これであれば1台目の日本通信のSIMをデータ通信専用機にしたうえで、2台目の楽天モバイルを電話専用機にすることで、月々1980円で運用可能です。

料金が発生するのは日本通信SIMのみで、楽天モバイルは0円で維持し続けます。(データ通信しないように注意)

データ通信専用機の日本通信SIMは通信量の上限を迎えたら通信制限がかかるだけなので1980円以上になることはありません。

筆者が考えるに、これが仕事(テレワーク)の環境下含めた日常生活での最適プランではないかと思います。

なお、楽天モバイルは契約しているだけで楽天カード(クレジットカード)を使用した際のポイントが+1倍になるので、契約し続けている状態を維持することそのものにも意味があってお得です。

まとめ

それでは最後にまとめです。

コスパの良いプランの選び方
・データ通信量をそんなに使わない人[~3GB]⇒楽天モバイル[980円/月(税抜)]
・そこそこ通信量を使う人[~20GB]⇒日本通信もしくは楽天モバイル[1980円/月(税抜)]
・大量にデータ通信を使う人[20GB~]⇒楽天モバイル[2980円/月(税抜)]

こんな感じで携帯キャリアを選んでいただければ、価格を抑えつつ便利にスマホを利用できるのではないかと思います。

最後に書いた楽天モバイルと日本通信の2台持ちもかなりコスパの良い使い方だと思うので、ぜひ検討してみてください。

では!